諸行無常のかねもぉと… ~までにしておきたい5つのこと
    現在の閲覧者数:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

    ~までにしておきたい5つのこと

    なんや更改席上で城島が「優○」と連呼してたらしいが、 これって実は大事なことやと思うわ。 「暗黒時代」を知ってるファンにとっては あまり言ってしまうと運気が逃げてしまう、とか まあ不安になってまうが チームに明確な目標を持たせて、かつまとまって行くには この時期から発破をかけていかんとアカンもんな。 その役割がアニキから城島へ移ったということ。 この意味はかなり大きいと思うで。

    現場監督としての役割を担う捕手にとって、 リーダーとしての素質があるかどうかは本人が決めることではないし、 ましてや周りが決めることでもない。 これは自然になっていくもんやね。 そして周りが納得した感じで着いて来る。 2年目の城島には、すでにその資格があるっちゅうわけやな。 さてそこで、無駄とは分かっていながら、 真弓はんに改善してもらいたいことを幾つかあげたいと思う。 題して、「優○する前にしておきたい5つのこと」。 なんか似たようなタイトルみたことあるぅ。 まず1つ目。 『各投手、特に中継ぎの役割をそれぞれに伝え、徹底する。』 例えば、ナベの使い方。勝ち試合の中盤以降頼むで、とか。 「こんなんやってたわ」というかも知れんが、 明らかに酷使していたのは事実やし、 前半戦から「スクランブル発進」の様相を呈していたしな。 ナベ・西村にしても、後半戦の大事な時に疲労がピークに達して、 そのせいで球児に負担が圧し掛かったわけやし。 その中で調子が悪い投手は負け試合や2軍で調整させて、 調子を見ながら使っていくっちゅうのが重要なんやと思うけど。 ・・・ほんまは当たり前のことなんやけどな。 コバヒロも入ることやし、頭数だけは揃ってるから ここはクリアしてもらえると思うけど。 2つ目。 代打陣の役割分担。 左投手には右打者、とかの古い考えは止めて、 相手投手の持ち球や特徴なんかをふまえて使って欲しい。 特に桧山はもう速い球についていけんのに、 速球派の浅尾や越智の時に出すとか、もうほんまやめて。 追い込まれて落とされて終わりやん。 あとはアニキの連続試合出場の件も、 代打での起用中心ならばもうええかと思うで。 3つ目。打順の再構築。 もうへんなところが頑固なんなんか、よう分からんが キャンプに入る前から6番右翼マートンを固定する、 これ、なんで明言する必要があるんかなぁ。 確かにマートンは1番よりクリーンアップに近い方が より得点力は増すと思うけど、 どうせころころ変わるんやったら言う必要ないやんって。 個人的には1番平野、2番浅井の同級生コンビが見てみたい。 4つ目。珍采配。 野球は9回までに27個のアウトを使えるんやが、 その内の一つを相手に上げてしまう形になるんが 言わずもがな犠打、送りバントやね。 送りバント自体は大切な作戦の一つやと思うが、 相手が若手などの時、初回からのバントはどうかと思うわ。 みすみす相手にアウト1つくれてやるようなもんやな。 特に昨季よくみられた「オートメーション」的なバントは ほんまやめたほうがええ。 もしどうしてもやりたいんやったら2番にセッキーをおきなはれ。 どうせアウトになるんなら、足の速い平野ではもったいない。 最後の5つ目『勝ってから笑って』。 ほんま負けてる時に談笑するなっちゅうに。 長くなってまったので、コバヒロの件はまたまた後日に(笑) いつも応援ありがとうございます! ↓最後にポチッとよろしくお願いします!

    関連記事
    スポンサーサイト

    2011/01/21 10:59 | 真弓明信COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    ~までにしておきたい5つのこと

    >>黒虎さん
    いつもコメントありがとうございます。
    楽しんで頂けたようでよかったです♪
    「素人風情がなにぬかしよんねん」と言わず、
    最後まで読んでくださって嬉しいです。
    とにかく士気を上げるように努力してくれたら
    今季は何とかなるんじゃないかな、と。
    最後に望むのはただそれだけですわ。

    No:405 1970/01/01 09:00 | 管理人 #79D/WHSg URL [ 編集 ]

    笑笑笑

    higaryoさん、こんにちは!「優○する前にしておきたい5つのこと」ツボにハマりました(笑)
    心読させて頂き感じたことは、何よりも「役割分担」に徹底し、そのために選手やコーチ、そして自分自身のことを『知る』と言うことですね。
    「今さら」「この期に及んで」などと指揮官である真弓監督が思わずに、もう一度これらのことを『心静かに見つめ直して頂きたい』と、私もhigaryoと同じく願っています。

    No:406 1970/01/01 09:00 | 黒虎 #79D/WHSg URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。