諸行無常のかねもぉと… 補強ポイント
    現在の閲覧者数:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

    補強ポイント

    いよいよドラフト当日。 明日のブログにはなんて書いてあることやら、 考えるだけでも恐ろしくなりますわ。 くじ引き運ないんやから、 いっそのこと大石あきらめたらええやんか。

    思い出してしまうわ。 去年は6分の1の確率で外したな。 ナベQが持って行った雄星。 デーブにいじられるくらいやったら うちで育成したほうがマシやったな。 来季への補強戦略の第一弾となるわけやが、 各球団の方針が見える点でも注目したいところ。 阪神は球児に繋ぐ、もしくは 球児からバトンを受けられる即戦力投手がほしい となるとやはり◎大石達也というところやろか。 澤村は巨人以外ならメジャーとか言うてるしな。 ほんなもんこっちから願い下げじゃぁ!とか まあ言わんやろけど、も。 あとは即戦力の左腕とか中継ぎとか言うてる中、 こんな記事を見つけたんで紹介。 http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20101027-694847.html どっちにしろ、スタミナをつけるのはええこっちゃやな。 1度先発で観て見たかったのもあるしな。 そこで現在の投手陣を見渡してみた。 先発は久保、能見。怪我さえなきゃここは鉄板やな。 問題はこの後やな。 夜の帝王はシーズン通すとなるとやはり未知数やし、 秋山は計算できるレベルまでいっとらん。 岩田も復活にはまだまだ時間がかかる。 そこで西村を先発に持っていければ、 先発の枚数も確保できるちゅう訳やな。 先発候補は何枚いてもええ、からな。 西村が先発転向となると今度は中継ぎの確保やな。 後ろは球児、久保田、渡辺と同じタイプの投手がおるから、 やはり左の藤原や小嶋、筒井あたりが来ると思うが 今季の活躍からは期待薄やね。 そこで下さんをセットに置いて、 久保田と球児で挟むなんてのはどうやろ。 渡辺を入れたらもっと強力やな。 賛否両論あるやろうけど、 個人的には球児のクローザーはきついんちゃうかな、と 思ってます。 ストレートに以前のような伸びがないちゅうのと、 大舞台で崩れてしまうという2つが理由。 そこで、球児を7回に持っていって 8回を下柳と渡辺。 そして久保田がクローザーなんてどうやろ。 なかなかいいような気がするんやけど。 ありえへんやろか。 西村先発案に賛成!、という方は「ポチッ」と押してやってください。

    関連記事
    スポンサーサイト

    2010/10/28 08:11 | 西村憲COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    補強ポイント

    >>うききさん
    コメントありがとうございます。
    「いつも楽しみに」なんてほんま嬉しいです!
    励みになりますわ!
    さて先発枠の件ですが、
    福原、安藤、下柳にはもう頼らない編成が
    必要なのではと思います。
    開幕投手だった安藤も、
    100イニング投げた下柳も来季は勝負の年。
    横一線です。
    というか、首脳陣もそういった心構えで
    いかないと昨季や今季の失敗を
    繰り返すことになるでしょうから。
    チャンスはみんなにある。
    真弓はんが唯一評価されている若手の起用、
    これに賭けたい気持ちで一杯です。
    えっと…答えになってますか?

    No:139 1970/01/01 09:00 | 管理人 #79D/WHSg URL [ 編集 ]

    補強ポイント

    いつも楽しみに読んでます。
    来期における阪神先発陣営として「西村」の名前があがっていることは今朝の昨日のスポーツ新聞で見ました。
    うーん。。。って感じの感想です(個人的)
    来期の先発6本は、
    能見、久保・・・ここは確定◎
    スタン、福原・・・実力均衡っぽいような気が・・
    秋山、二神・・・早く一人前の舞台へ!
    安藤、下さん、鶴・・・ピンチッ
    そんなイメージを想像してます。
    いかがでしょう?

    No:140 1970/01/01 09:00 | うきき #79D/WHSg URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。