諸行無常のかねもぉと… 夢乗せて はばたけよ♪
    現在の閲覧者数:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

    夢乗せて はばたけよ♪

    日本シリーズは落竜の大勝。 これで1勝1敗な訳やけど、 ドラからすると千葉に行く前に 得意のホームで2連勝しておきたかったやろな。 しかし12対1て、よう打ったな しかし。 今岡も代打で出場したが凡退したそうな。

    さて昨日伝えたとおり、一人ずつ槍玉・・・ もとい、今シーズンの評価をしていきたいとおもいま。 注:個人的な感情やひいき目が入ることはご容赦くださいませませ。 背番号順にやろうかと思うので、最初はリーダーやね。 今年は自身初となる3割達成。 遊撃手初となる100打点到達と、 まあ初物づくしやった今シーズン。 年棒もかなり期待できるんちゃうかな、なんて やらしい話は置いといて。 守備はもう文句ないやろな。 守備範囲の広さは、12球団随一といってもええ。 たまにポカやらかすが、 ホームが土のグラウンドということを差し引くと .989という守備率の高さは素晴らしい数字やもんね。 ちなみにエラーは7個。 スローイングに難があるので送球ミスが多いやろか。 そして鳥谷ちゅうと、選球眼の良さや勝負強さが 真っ先に思う浮かびますわな。 四球は66個とまずまず多いほうやけど、 特筆すべきは得点圏打率の高さ。 よう打たれた印象のある森野でさえ.324やから トリの.360ちゅう数字が如何に高いか、 他球団にとって脅威であるかわかるわな。 ここまではいいとこ。 代名詞みたいになっとんのが「スランプの長さ」。 シーズン何回かやってくるスランプ。 もちろん鳥谷だけやなく各選手あるんやけど、 鳥谷のそれはとにかく長い。 そんで長いだけでなく大事な試合で打てなくなるんやね。 その原因はフォームにあるんではないかと思うんやが。 ボールを捉えに行く時に上げる足と一度上がるバット。 いい感じで捉えても引っ掛けてしまう、 それはここに原因があるんではないやろか。 自分のタイミングで打ちに行っても、 足を上げる瞬間にバットも上がってしまうために インパクトの瞬間、スイートスポットがわずかにずれてしまう。 調子が良いときはレベル的に出てるバットが、 悪い時はダウンになって凡打が多くなる。 要は構えた時のバットの角度やと思うんやけどね。 読売の阿部のようなフォーム改造も正直ありかなと思ったり。 3割20本。こんなもんで終わる選手やないと みんな思ってるはずやから、 もっと楽な守備位置(例えば外野とか)にコンバートとか、 なんとか器用貧乏的な位置から脱してほしいものですな。 期待してまっせ。今年は3人のパパになったしな。 トリ、来季は首位打者やで!という方は「ポチッ」と押してやってください。

    関連記事
    スポンサーサイト

    2010/11/01 10:08 | 鳥谷敬COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

    コメント

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。